転ばぬ先の杖 Look before you leap

ブロックエディタで書式設定クリアする方法

WordPress の旧エディタで使えていた書式設定クリアが、ブロックエディタ(Gutenberg)で使えなくなっていました。使用できないと不便なので使えるように調べました。

プラグイン「Advanced Editor Tools」を使う

このプラグインは、TinyMCE Advanced という名前でした。知っている人や使っていた人もいると思います。
下記のリンクからプラグインをダウンロードするか、WordPress のプラグイン画面から「Advanced Editor Tools」で検索してインストールして下さい。

インストール後は特に設定をしなくても、デフォルト状態で使うことが出来ます。
クラシックエディタや新エディタのブロックエディタの両方で使えます。

使用感は、インストールした後に見た目が大きく変わらないので良いですね。
自分は、このプラグインをおすすめしています。

プラグイン「Snow Monkey Editor」を使う

このプラグインでも使えます。
気になる点として、エディタの見た目がちょっと変わるので自分は使っていません。

プラグイン「Arkhe Blocks」を使う

このプラグインは、無料のWordPressテーマ「Arkhe」(アルケーと読みます)用に開発されたものです。
公式ページによれば一部機能制限はあるようですが、他のテーマでも使用できるみたいですね。
自分がテストしたところ動作はしました。見た目は大きな変化がないので動くのなら良いプラグインだと思います。

最後に

おすすめは、Advanced Editor Tools です。
プラグイン以外で、使えるようにできる方法を知っている人がいたら教えてもらえると嬉しいです。

Word Press

関連記事

  • さくらインターネットを使っている場合の説明をします。 目次 [閉じる]1 POP3 のアカウント設定2 IMAP のアカウント設定3 設定済みのアカウント設定をみる POP3 のアカウント設定 Mozilla Thunderbird を起動 …
  • 目次 [閉じる]1 続きを読む、<!– more –> のハッシュを消す 2 the_excerpt() の […] を消す3 <head>内のWordPressのバージョンを消す4 テーマでアイキャッチ画像を使える …
  • 「Get a WP 301 Redirects PRO license for FREE $158」という題名の広告が突然出るようになりました。プラグインの「WP 301 Redirects」 の宣伝らしいですが何が原因なのか調べてみました …
  • 目次 [閉じる]1 WordPressのサイト全体で投稿にコメント欄を表示させない設定2 過去の投稿についてもコメント欄を表示させないようにする3 過去記事をまとめてコメント欄表示しないように設定するには WordPressのサイト全体で投 …
  • 広告をランダムに表示させるコード 上記の「広告1」や「広告2」の部分に広告コードを入れてください。上記では3つ入れる場所がありますが、2つに減らしたり、また4つ以上に増やしたりしても大丈夫です。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。