転ばぬ先の杖 Look before you leap

2013春 旅3日目 群馬~長野

ちょっと寝坊して朝6時に出発です。
2日間お世話になった知人にお別れをして横川駅を目指します。
横川からめがね橋までの遊歩道を歩く予定

横川の釜飯

yokokawa-oginoya-01

国道18号のドライブインおぎのやです。

朝早く着いてしまったので釜飯が買えません (´・ω・`)ショボーン
仕方ないのでコンビニでおにぎりを買って朝ごはん

yokokawa-station-01

横川の駅にちょっと寄ってみた。
ここにはおぎのや本店があります

yokokawa-oginoya-02

横川駅にある、おぎのや本店

ドライブインより開店時間が遅い(--;
釜飯はドライブインで買うことにしよう。

碓氷峠 アプトの道

次の目的地、「碓氷峠鉄道文化むら」に向かいます。
今回は、「碓氷峠鉄道文化むら」の横にある「アプトの道」を歩いて散策するのが目的です。

アプトの道 横川文化村~めがね橋

めがね橋まで往復3時間、ちょっとしたハイキングですね。
距離が長いので飲み物も持って出発 (=゚ω゚)ノ

往復4時間かかりました(--;
写真を撮りながらまったりしてたのも時間がかかった原因ですが、ずっと上り坂なのも地味にきついです。
平日の朝ってことで人が少なく、トンネルがかなり怖い ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
地元の人間は、このへんで出るのを噂してるから・・・
ひぃぃぃ
景色はかなり綺麗でしたよ^^

めがね橋から帰ってきて横川駅から峠の湯に車移動です。

yokokawa-tougenoyu-01

峠の湯 HP 群馬県安中市松井田町坂本1222

yokokawa-tougenoyu-02

営業時間:10~21時
休館日 :毎月 第2第4月曜日

追記 2014年12月11日現在、火災のため休館中になっています。

追記 2015年12月3日 営業再開

今回は温泉に入れなかったのですが、次の機会にはぜひ入りたい温泉です。
では昼飯を食べますかね^^
ぽかぽかでいい天気なので外で釜飯を食べるよ
温泉はまだ開店してないので、庭は貸切状態です。

yokokawa-oginoya-03

こんな感じのところで頂きます。

いただきまーす\(^o^)/
おぎのやの釜飯は元々駅で売っていた駅弁です。

値段は1000円 たかーーーい
今年になってまた値上げしたらしいですね。
ちょっと前は800円くらいで子供のころは600円くらいで買った記憶があったのになぁ

yokokawa-oginoya-05

ごちそうさまでした~
うむ、お味はまあまあかな

では、碓氷峠を通って長野に向かいますよ~
碓氷峠は旧道、バイパス(有料)、高速道路と色々な方法でいけますが今回はめがね橋を下からも見たいので旧道を通ります。
カーブが200ほどあって、ここも夜になると走り屋さんが沢山いるのです^^;

碓氷峠 めがね橋

下からみためがね橋

正式には碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)といって新幹線開通ともに廃線になりました。
とても美しい橋ですね
さきほどまで、あの橋を歩いて渡ってきたんだなぁ

アプトの道 横川文化村~めがね橋

usuitouge-02

旧碓氷峠さいごのコーナー
184もあったんですね

usuitouge-03

ようこそ! 長野へ
さらば、群馬

usuitouge-01

まずは軽井沢を目指します

軽井沢町

karuizawa-eki

軽井沢駅

避暑地で有名なので特に説明も必要ないかな
平日のわりに人が多かったですね
あいかわらず芸能人の店が多いw
ここは冬に来ると空いていて好きかも
まったりと暖炉のある店でお茶をいただくのが週末の贅沢でした。

鬼押出し園

oniosidasi-18

浅間山&鬼押し出し園

HP 浅間火山博物館

ここは浅間山の噴火でできた溶岩の塊や飛んできた岩などが見れます
怖いね
地獄みたいや
有料のところもあるけど、あえて無料のところを選択w
知ってる人は有料のところにいかないもんね~
浅間山がとてもきれい

oniosidasi-09

こんなもんが飛んできたんだね

oniosidasi-16

避難所です
もし浅間山が爆発したらここに避難します
でも、潰れそう

鬼押し出しの見学もおわって
ここから日本一標高の高い場所にある美術館に向かいます。
美ヶ原高原美術館です
車で2時間半の移動になります

永遠と山道を走ってもうちょっとで目的地

長野県の美ヶ原高原美術館

utukusigaharakougen-21

息を呑む絶景 美ヶ原高原

HP WIKI 長野県上田市武石上本入2085−70

やっと到着~
雪が残ってるわ~
パトカーが駐車場をウロウロしてた
こんなところまで来るんだね
ご苦労様^^;

utukusigaharakougen-20

標高2000メートルの景色は最高です。

ここの美術館は道の駅も併設していて、日本一標高の高い場所にある美術館と道の駅です。
前に来たときは夏で何年も前だったのだけど、有料道路ばっかでここまで来るだけで3000円くらいかかったような気がした。
今は無料になったみたいでいいことだね。

風が強かったので風きり音がうざいけど動画もみてね

建物の中に入ってお土産を買いました。
売店のおねーさんと話をしてたら、4月の終わりに雪が降ったとか
今もストーブついてるし、すごいところだね^^;
さきほどまでいた鬼押し出しは気温28℃近かったんだよ
それがここではストーブですよ
さすが標高2000メートルだーね

夏になるとこのへんの景色は違う綺麗さで、何度でも来たくなりますね。
まだ来たことがない人はぜひおいでください^^

utukusigaharakougen-33

湧き水

美ヶ原高原美術館をあとにして諏訪湖を目指します。
すると湧き水発見!
この辺の湧き水はとても美味しいらしいけど、今回は手を洗っただけ。
とても冷たい~~~
氷水だよ

utukusigaharakougen-36

美ヶ原高原のマップ

まだまだ諏訪湖までは遠い
車で2時間です

suwa-miso

タケヤみそ発見^^
長野はみそだよね~

やっと山道がおわって上諏訪に到着、本日の寝る場所の下諏訪まで移動します。
下諏訪には諏訪大社の本社があるのです

片岡館 千人風呂

onsen-katakurakan-01

片倉館 日帰り温泉 HP WIKI

長野県諏訪市湖岸通り4丁目1−9

onsen-katakurakan-02

この片倉館は昔のローマ風呂をモチーフにしているらしく浴槽が1メートル以上ある深い温泉なんだって。
立って温泉に入るのが楽しみだ。

料金は600円でした、安いね~
中に入ると建物は古いのだけど、歴史ある風情がなんとも。
浴槽の下には丸い玉砂利が敷き詰めてあって歩くといい感じに足の裏にくる。
プールみたいですなぁ
肌がつるつるになる温泉でした。

suwa-takasimajyou

諏訪高島城

温泉に入ってポカポカになったし晩御飯たべるよ~
飯屋さんを探しているとライトアップされたお城が!
諏訪の高島城というらしい。
きれいだね

それにしてもご飯を食べるところが見つからない。
片倉館で聞いたところ、夜は早く閉まってしまうから居酒屋とかなら開いてるかもって話だったのだけど
それはいや 絶対嫌
名物食べたいじゃんw
諏訪湖の名物は、「うなぎとわかさぎ」で時期的に「わかざぎ」は食べられないので「うなぎ」を食べることにしました。
しかし、うなぎ屋さんがみんな閉まってる (´・ω・`)ショボーン

諦めかけてたところで開いてるうなぎ屋さん発見!
うまかったよぉぉぉ
うなぎ最高^^
さすが名物だね

温泉にも入った飯も食った、あとは寝るだけや
時間は9時だけど寝るよ
諏訪湖の畔の駐車場で車泊です
シュラフに包まり、おやすみなさ~い

2013春 旅1日目 水戸~群馬
2013春 旅2日目 群馬編
2013春 旅3日目 群馬~長野
2013春 旅4日目 長野編
2013春 旅5日目 長野~群馬
2013春 旅6日目 群馬編
2013春 旅7日目 群馬~栃木

観光

関連記事

  • 目次 [閉じる]1 竜神大吊橋の概要1.1 竜神大吊橋の場所1.2 竜神大吊橋を渡るのは有料です2 竜神大吊橋の画像 竜神大吊橋の概要 日本で2番目に長い歩行者用の橋です。はっきり言えば金の無駄といえますが、観光の誘致と考えると成功だと思い …
  • 常盤神社の帰りに散策レストランハウスでチラシをみたところ、9月1日から「水戸の萩まつり」が始まるみたい。ちょっと萩の様子でも見ていこう。 偕楽園(かいらくえん)は天保12年(1841年)九代水戸藩主徳川斉昭によって造園が開始され、翌年に開園 …
  • 湯の湖(ゆのこ)湯元があり湖にお湯が流れ込んでいる面白い湖湖畔を歩くと、かすかに硫黄の匂いがしました釣りをしている人がちらほらいて、無風のために日光白根が鏡のように映ってきれいでした。 WIKI 旅の詳しい記事は、旅7日目 群馬~栃木
  • 白鷺神社に行ってきました。主祭神が日本武尊(やまとたけるのみこと)ということでここには大きな剣があるということで楽しみですね。 白鷺神社(しらさぎじんじゃ) 栃木県河内郡上三川町しらさぎ1丁目41−6 延暦二年(783)から続く歴史ある神社 …
  • 群馬県富岡市にある上野国一宮の貫前神社(ぬきさきじんじゃ)です。珍しい下り宮というのは、皆さんの記憶にある神社というものは階段でのぼりませんでしたか?そうです。高い位置にあるのが大半の神社なんですね。 この貫前神社は、参道を登って下るという …

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。