転ばぬ先の杖 Look before you leap

2013春 旅6日目 群馬編

さすらいの旅6日目です。
今日は草津温泉に来ています。
ちょっと寝坊して6時まで寝てしまった。

草津温泉

kusatuonsen-31

恋の病以外は治せる? 草津温泉

WIKI 湯畑

さっそく湯畑を散策
朝6時だというのに人が多い
日曜日だからかな
足湯をやってる人も沢山いますね

気づいた人もいるかもしれませんが、湯畑の景観にあわせてコンビニも地味な色になっています。
セブンイレブンを探せ!

昨日は雨だったけど今日はとても良い天気
旅日和ですなぁ
湯畑を一周まわって写真を撮ったところで、露天風呂に行くことに

kusatuonsen-38

天狗山駐車場

西の川原露天風呂に行くには、天狗山駐車場にとめると近いです。
駐車場に行くと、ご飯を食べている女の子がいました。
鍋でお湯を沸かしてレトルトカレーを作っているみたいですね
うまそう、今度マネしてみますかね

自分と同じく一人旅のようなので声をかけてみました。
東京から高崎に電車で来てレンタカーで草津まできたそうです。
もうすでに朝早く無料の温泉に入った後らしいのですが
露天風呂に一緒に行きませんかと誘ったら一緒に行くことになりました。

旅は道連れですよ
今の時期は朝7時から開いているので6時55分になったところで露天風呂に向かいます。
てくてくと西の川原公園を歩いていくと5分ほどで到着

sainokawara-onsen

西の河原露天風呂(さいのかわら)

HP 西の河原露天風呂 地図

残念ながらここは混浴ではないので、1時間後に入口で落ち合いましょうと別れ露天風呂へ
中に入るとひろーい
千人風呂と言われるだけありますね
景色もきれい、まじできて良かった
ここは洗い場はなく、ほんとにお湯につかるだけの温泉です。
朝一番だったために空いています。
温泉に入ったり、出て休んだりを繰り返し堪能しました。

そろそろ8時になるので更衣室で歯磨きして準備OK
外に出るともう待っていました。 待たせてスイマセン
一時間も入っていたので喉がカラカラ、うまそうなビンの飲むヨーグルトがあったので飲むことに
うまかった 風呂上りに最高ですな

駐車場まで話をしながら帰りました。
露天風呂に行くかまよっていたけど、景色が最高で誘ってもらってよかったらしい
誘ったかいがありましたよ。
駐車場で別れの挨拶をして次の目的地、野反湖へ向かいます。

途中でコンビニによって朝飯のおにぎりを頬張りながら峠を走ります。
野反湖に向かう途中で尻焼温泉の看板を発見!!
尻焼温泉は川で入る温泉で無料なんですが、丸見えなんですよ
なにせ、川なんで

とりあえず見学だけでもしようと、ちょっと寄り道

尻焼温泉

siriyakionsen-06

川の中の温泉 尻焼温泉

WIKI 尻焼温泉 地図

水着で入ってる人がいます。
カップルや家族が多いみたい
まあ、水着着てるし写真とってもいいよね
ビクビクしながら写真を撮っていたら、カメラ持った人増えてきて安心
なんか盗撮しているみたいで怖かったよ

さすがにここで入る勇気はなかったので移動することに
野反湖に行くよ!

野反湖

nozoriko-01

自然が美しい 野反湖

着いてびっくり
綺麗な湖だわー
美しい!!
きてよかったぁ

車で道路の行き止まりまで行ってみました。
行き止まりはキャンプ場になっているみたい

ここはダム湖なんですが、あまり人の手が入っていないためか綺麗です。
自然って美しい!!
ずっとここにいたい気分でしたが次の目的地の水上に向かいます。

taki-01

世立八滝

滝を発見したので思わずぱちり
きれいですね
でも、気になるのは看板に書いてある殺人の滝 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
まさかねぇ
行ってみたいけど時間がかかりそうなので、また今度ってことで

taki-02

大仙の滝

暑いので途中でアイス買っちゃいました。
だって、豆腐アイスですよ
食べてみたいじゃん

toufu-ice-01

豆腐アイス

toufu-ice-02

豆乳が入ってるんですね

お味はひと口目は豆腐って感じ、あとは麻痺して普通のアイス
暑いのでアイスがうまい
とってもいい天気でよかった

wakimizu

湧き水発見

発見したからには弄らないとすまない性格なのです。
冷たくて気持ちいい~
でも、飲まないですけどね

水上はまだ時間がかかりそうなので途中でご飯を食べることに
しかし、峠道で食べることがない
やっと農産物販売所をみつけて、蕎麦をいただきました。
お味は、普通かな
さあ、先は長い! 出発やでぇ

ringo-hana

りんごの花と谷川岳

とっても綺麗だったので思わず車をとめて撮ってしまった。
りんごの花と雪が残る谷川岳が美しいです
さあ目的地はあの谷川岳のふもとにある駅ですよ。がんばれ自分

もぐら駅 土合駅

doaieki-01

日本一のもぐら駅 上越線 土合駅

wiki 土合駅 地図

日本一のもぐら駅 土合駅に到着
この駅は上りは普通のホームなんですが、下りのホームが地下にあります。
どのくらい地下かいうと462段の階段を下ったところにあるのです。
改札口から10分かかるそうで、さすが日本一ですね
行きは下り階段だからいいけど帰りが怖い
気合を入れてもぐってきましょう!!
無人の改札をぬけると左へ
道路と川をこえる連絡通路をわたり、いよいよ地下へと続く階段が見えました。

なんじゃこれ
遙かかなたまで続く薄暗い階段が地下へ続いています。
ホームが見えないんですけど・・・
ここを降りるのかぁ
他の人がまばらにいるおかげで怖くはないですが、一人でここを歩くのはちょっと嫌ですね
10分ほどでホームに着きました。
薄暗く水が場がれる音がします。
それに寒い
外との気温差がすごいですね。

運良く列車がきました。
一日に何本もこない電車が来るとはラッキー
しかし、ここを通勤している人がいるのだろうか・・・
毎日こんな階段上っていたら足腰丈夫になるだろうなぁ

さて、いよいよ階段を上ります
462段に挑戦じゃ!
しかし、あっけなく200段ほどで挫折・・・ ひぃひぃ
後ろからはカップルが追い上げてくる
リア充に負けてたまるかと頑張りましたよ

いやぁ 太陽の光はいいな
もう地下はいやだ
太陽ばんざーい

この先に谷川岳ロープウェイというのがあるのだけど、今回はパス
絶景と噂なんだけど、一人でいってもねぇ
次回、誰かと来たときにでも行きましょうね。

時間は午後2時半、ちょっと早いけど温泉に行って寝るとこ探そうかな
田舎道をちんたら走っていると、いい感じの景色が

minakami-inakamiti

なんてことはない田舎道

なんかいいねぇ
こういうの好きだわ
夜になるとカエルがゲコゲコうるさいけどさ

途中で吉祥寺という看板がみえたので寄ることにしました。

吉祥寺

kitijyouji-02

四季の花が楽しめる 吉祥寺

HP 吉祥寺

え? 入るのに500円かかるの
う~ん まあいいか

ここは庭がおすすめな寺のようですね
しかし残念ながら時期が遅かったようでメインの水芭蕉が散っていた。
悲しい
20分ほど散策して温泉に向かいます。

望郷の湯

onsen-boukyounoyu

日帰り温泉 望郷の湯 HP 望郷の湯

2時間で550円、やすーい
風呂に入ると赤城山が目の前に広がっています。
さっそく露天風呂へ
いい湯ですなぁ この温泉も肌がつるつるになりますね。
日が暮れるまで、まったり景色を楽しみました。

さて、晩飯は中華が食べたいんじゃー
ってことで
近くの中華料理屋さんで一人でチャーハン・野菜炒め・エビチリ・わかめスープをたいらげました。
うっぷ もう食べられません。

温泉の駐車場で寝る準備をして今日はおやすみです。
ちなみに水上で買ったお土産の生どら焼は後日おいしくいただきました。

minakami-dorayaki-01
minakami-dorayaki-02

2013春 旅1日目 水戸~群馬
2013春 旅2日目 群馬編
2013春 旅3日目 群馬~長野
2013春 旅4日目 長野編
2013春 旅5日目 長野~群馬
2013春 旅6日目 群馬編
2013春 旅7日目 群馬~栃木

観光

関連記事

  • 妙義神社(みょうぎじんじゃ)は群馬県富岡市の妙義山麓にある神社妙義山は変ったゴツゴツした山で、自分が小学生のころ妙義少年自然の家で林間学校で泊まったことがある。カニの横ばいなど、ゴツゴツした山を登山したのは懐かしい思い出 旅の詳しい記事は …
  • 2014年4月25日のネモフィラ鑑賞の続きです。ゴールデンウィークにお出かけする人は、ぜひチューリップも見て欲しいですね。水仙はギリギリかなぁ?まずは、風車とチューリップが人気のようなので行ってみます。 「たまごの森フラワーガーデン」で、沢 …
  • 下古山星宮神社に行ってきた。かかし祭りが行われてるらしいと情報があったのでちょうどよかった田んぼの真ん中にポツンと森のようなものがある、そこが星宮神社です。 下古山星宮神社(しもこやま ほしのじんじゃ) 星宮神社 地図(しものつけし、しもこ …
  • 伊香保温泉は群馬県渋川市にある草津温泉と並んで有名な温泉です。茶色の温泉まんじゅう発祥の地として有名で湯の花まんじゅうがおいしい。温泉の色は赤茶で透明の温泉もあるが普通のお湯と区別がつき辛く赤茶色の温泉のほうが人気がある。 旅の詳しい記事は …
  • 大谷資料館(おおやしりょうかん)は、栃木県宇都宮市大谷町909にある大谷石採石場跡に関する博物館です。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。